クレーンゲームの機種や景品ごとのアームの使い方のコツ

クレーンゲームではアームを使って景品を落としますが、アームには様々な使い方があります。

まず代表的なアームの使い方は、景品をつかんで持ち上げて運び、取り出し口に落とす方法です。 2本、3本、4本のアームの機種でこの方法を使うことができます。 景品をつかんで持ち上げるには、景品の形状をよく観察し、アームでうまくつかめそうな場所やうまく引っかかりそうな場所を狙ってつかみます。 例えば箱入り景品の場合は側面の穴やツメ、ぬいぐるみの場合は手足のすきま、景品に輪がついている場合は輪にアームを差し込むように動かします。

また、景品をうまくつかんだはいいものの、取り出し口まで運んでいるうちに落ちてしまうことがあります。 景品を持ち上げて移動させるためには、ある程度の時間安定してアームで運ぶことが必要になるので、 景品の重心がアームのちょうど真ん中に来るようにすると、取れやすくなります。 例えば箱入り景品の場合はアームを景品の中心から持ち上げると、前後・左右にかかる重さが同じになるので持ち上げても安定します。 ぬいぐるみもものによって重さの分布が変わりますが、よく形状を観察し、できるだけアームの両側にかかる重さが同じになるようにしましょう。

小さいマスコットやぬいぐるみなどが取り出し口近くにたくさん山積みされている機種では、景品を持ち上げなくとも獲得することができます。 アームの片方を景品と景品の間に差し込み、取り出し口に景品をかき出す方法があります。 目当ての景品の近くにアームを差し込めそうな空間があれば、やってみましょう。 また、山積みされた景品の頂上や斜面をアーム2本で少し持ち上げてみると、持ちあがった景品が斜面を転がって出てくることもあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ